根本から改善したい実績経験お答えします
096-385-5757
熊本市東区尾ノ上
(予約制)土日祭日開院 9:00〜20:00



当院では、整体のみならず、生活習慣の改善を
お伝えしています。

このページでは食事療法の1つとして
の効能・効果
玉ねぎについてご案内します。

特に、生活習慣病(高血圧・高コレステロール
糖尿病・肥満等々)の方は、お勧めです。

又、美容ダイエットにも効果的です。


 

酢の効能・効果
体質改善・疲労回復
酢には酸性に傾いた血液を弱アルカリ性に改善する血液
浄化作用があります。

健康な体の状態は血液が弱アルカリにたもたれている
事です。

しかし、現代人の多くはストレスや不規則な生活なので
身体が酸性に近づいています。
酸性気味の血液は汚れた状態で様々な病気を引き起
こします。酢の力で血液は酸性から弱アルカリと改善
します。
また、酢に含まれる酢酸やクエン酸には、疲労物質
(乳酸)の生成を抑えて、体内に蓄積された乳酸
も分解
してくれます。
カルシウムの吸収率アップ
ミネラルは体内で吸収されにくい成分です。
しかし、酢と一緒に摂取すると、吸収率が上がることが
最近の研究で分かってきています。


また、酢酸には食品に含まれるカルシウムを溶かす
働きがあります。

骨付き肉や魚を酢と一緒に煮込むことで、骨に含まれ
ているカルシウムが溶け出します。

これをスープなどにして煮汁ごと食べれば、カルシウム
を効率的に摂取することができます。
血糖値の上昇を抑える
血糖値とは、血液中のブドウ糖濃度をあらわした数値です。
この血糖値が急激に上昇したり、高い状態が続くと、膵臓
が疲れてインシュリンが分泌されなくなり糖尿病の原因と
なる可能性があります。


通常、食事をすれば血糖値は上がりますが、
酢は
糖の吸収率を穏やかにして、血糖値の急激な上昇
を抑える効果があります
血圧を下げる
酢酸には、血圧上昇に関わっているホルモン調節機構を
穏やかにする効果があります。

最近の研究では、高血圧の人が毎日大さじ1杯の酢を
摂取し続けた場合、約6週間で血圧が降下したことが
分かっています。

また、1日大さじ2杯の酢を摂取し続けると、さらに効果
が早く出ることが分かっています。


なお、高血圧の原因にはもう一つ、塩分の取り過ぎが
あります。

塩やしょう油よりも、酢を使った料理を積極的に食べれ
ば、減塩効果
もあります。
通常、食事をすれば血糖値は上がりますが、酢は糖の
吸収率を穏やかにして、血糖値の急激な上昇を抑える
効果があります。

ただし、食事で酢を摂取するだけでなく、食べ過ぎない
ことも重要
です。




夏バテ解消


夏バテになると食欲不振になり、栄養不足になり、さらに
体調が悪くなるという悪循環に陥ってしまい
ます。

こんな嫌な夏バテにも、酢は効果的。 

酢の酸味や匂いは、味覚や臭覚を刺激して、脳の摂食
中枢に働きかけます。

そして、唾液や胃酸の分泌を促進するので、消化吸収
も良くなります。

また、酢には煮込み料理に使うと味にコクを出したり、油っこい
料理をサッパリ食べられるようにする効果もあります。

酢を上手に使って、夏バテを解消しましょう。



便秘解消・美肌効果・ダイエット

酢には便秘を和らげる効果があります。

酢によって胃酸の分泌が促されると、腸の蠕動運動が
活発になり、便通が良くなります。


便秘は女性の美肌にとっても大敵なので、便秘が
解消されれば、美肌効果もアップします。

酢は食物繊維との相性が良いので、野菜類やきのこ類、
海藻類と一緒に食べるようにしましょう。


血中コレステロール値を下げる効能も

お酢は血中コレステロール値を下げる効能もあるとさ
れており、実際にミツカングループの研究で、血中
コレステロール値が高い人を対象にして臨床試験を
実施した結果、

毎日15ミリリットル以上のお酢を摂取することで、血中
コレステロール値が低下するということが実証
されています。


高コレステロール血症は動脈硬化の原因となる危険
因子の一つであり、脳卒中や心筋梗塞といった恐
い病気に発展しかねませんので、

コレステロール値が高い人であれば、毎日の食事で
お酢を摂ることを習慣化することをお勧めします。



お酢の血液サラサラ効果
お酢には赤血球の膜を柔らかくしなやかにする作用が
ある他に、お酢に含まれている【クエン酸】が血
小板の凝集を抑えることから、血液の流れをスムーズ
にする効能があるといわれています。

ちなみに一般的な食酢に比べて【黒酢】や【もろみ酢】
には、
クエン酸が豊富に含まれているそうです。

お酢の種類は豊富にあり、いずれも健康や美容にとって
ひじょうに効果的な働きをします
し、

さほどレシピに工夫をしなくてもさまざまな摂り方が
可能ですので、毎日の食生活に取り入れてみてはいかが
でしょうか?




玉ねぎの効能・効果



血液サラサラ食品【玉ねぎ】

【玉ねぎ】は血液サラサラ効果が高い食品であるという
ことは、テレビや雑誌の健康特集などでもよく取り上げ
られているのでご存知の人も多いと思います。

玉ねぎには独特の刺激臭と辛味がありますが、それら
の特徴を発している【硫化アリル(アリシン)】という成
分に血液をサラサラにする効果があります。

硫化アリル(アリシン)には血液が固まるのを抑えると
いった働きや
、血中の悪玉コレステロールを減らす働き
もあり血液が詰まって血栓が生じるのを予防する効能が
ある
とされています。

玉ねぎの効果的な調理法

血液をサラサラにしてくれる【玉ねぎ】の効果を最大限に
活かすには本来なら「生食」が一番なのですが、料理を
作る際にポイントというものがあります。

血液サラサラ効果の元となる【硫化アリル(アリシン)】は
本来、加熱調理などで効力が失われてしまうのですが
細胞が壊れて時間が経過すると酵素の働きで活性化
され熱に強い成分に変質するので、

加熱調理をする際には玉ねぎを切ってから暫く放置して
から調理しだすようにすると良いそうです。

また、硫化アリルは水溶性のため、サラダなどとして生
で食べる場合、水に長時間さらしていると水に溶け出し
てしまうので、なるべく水にさらさずに食べるか、水にさ
らす場合でも数分以内にしておき
しましょう。



酢の効能のトップに戻る



料金・地図・予約


大きな地図で見る

根本から改善したい実績経験お答えします
096-385-5757
熊本市東区尾ノ上
(予約制)土日祭日開院 9:00〜20:00

駐車場完備   火曜・水曜定休   カーナビヒット






    

     ご予約は
096-385-5757

 

  地図・料金・予約
 

 

 

  真実 の体験談

 

 

 《オリジナル整体》

  自律神経失調症

  顎関節症
  あごの痛み

  不妊症(妊活整体)

  更 年 期 障 害

  イメージ療法
  脳の科学療法

 《上半身の症状》

 
頸椎椎間板ヘルニア
 首・肩・腕・手の痛み

  
肩こり

  
頭痛

  交通事故
  むちうち

  五十肩

  寝違え

  猫背

 《下半身の症状》

  腰痛

  坐 骨 神 経 痛
  脊柱管狭窄症

  
ぎっくり腰

  椎間板ヘルニア

  
股関節痛

  
ひざ痛

  スポーツ整体

 《女性特有の症状》

  マタニティ(妊産婦)
 妊娠中の方への整体

 
    骨盤矯正

  産後骨盤矯正

 

 《予防・健康管理》

  メンテナンス整体

  免疫力 アップ

  歩く事の重要性

  食事療法


 

  豊富な施術実績1

  豊富な施術実績2

  豊富な施術実績3

   《その他》

 

 

 

   リンク2


   リンク3

   リンク4

   リンク5




★ご案内


◎熊本県庁より徒歩10分

◎熊本東郵便局より徒歩4分

熊本館 はざま整体院

  〒862−0913
熊本市東区尾ノ上1-2-11-1

096−385−5757
   (予約制)
カーナビでヒットします。

    〈施術時間〉
AM9:00〜12:30
PM2:30〜8:00



   〈予約受付〉
AM8:00〜PM7:00迄


   〈定休日〉

  火曜   水曜


   〈駐車場〉

   4台完備


  〈予約について〉

土日祭日においては込み
合いますので4〜7日前ま
でをお勧めします。

平日のご予約も3日前を
お勧めします。

予約は、早ければ早いほど
希望の時間が取れます。


当日ほど希望の時間は取れ
にくくなります。


なお早期の予約においては
2ヶ月前から承っています。


〈バス利用の方〉

交通センターより
産交バス

健軍自衛隊・佐土原方面
に乗って”熊工入口”下車
徒歩3分。





〈市電利用の方〉

神水・市民病院前または
健軍校前、で下車。
どちらも徒歩10分。




〈高速利用の方〉

熊本インターから約20分。
益城熊本空港インター
から約20分。






お身体のことで
お悩みの方へ
《無料相談承り中》


   *メール
上記 問い合わせ を
クリックしてください。


   *お電話
096−385−5757
AM8:00〜PM7:00迄

ただし施術中の時は折り返
しこちらから連絡します。


   *ご来院
事前に予約が必要です。






〈適応症〉

◎頭部〜背中

頭痛・眼精疲労

肩こり・ムチウチ

寝違え・首痛

めまい・耳なり

高血圧・低血圧

不眠症・のぼせ

自律神経失調症

更年期障害・ほてり

メニエール症・ふらつき

五十肩・肘痛

手のしびれ・背中痛

頚椎椎間板ヘルニア

肋間神経痛

猫背・側湾症

喘息・狭心症

内臓疾患・慢性病

腱鞘炎・ばね指

交通事故の後遺症

スポーツのケガ・故障

疲労・ストレス

顎関節症(あごの痛み)



◎腰部〜足

ぎっくり腰

腰痛・坐骨神経痛

股関節痛・O脚

椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症

変形性股関節症

先天性股関節脱臼

臼蓋形成不全

ひざ痛・膝の水たまり

足のしびれ・冷え

足のだるさ・むくみ

生理痛・生理不順

不妊症・婦人科疾患

骨盤のズレによる肥満

産後肥満・育児疲労

産後不調・肌荒れ